« 幸せを呼ぶファッションって? | トップページ | プチプリ派?リュクス派? »

2007年5月12日 (土)

マネしたい?マネしたくない?

あなたは、マネしたい派ですか?

それとも、マネしたくない派ですか?

私の友人に、幼稚園児の頃からおしゃれ命!
というOLさんがいるのですが、
彼女曰く
「職場でマネされるのがイヤ!」
「私が見つけてきたものをすぐマネされるの。
そのうえ、さも自分が見つけてきたみたいに自慢するんだよ」
「私の方が恥ずかしくなって(着る、持つのを)やめちゃう」

人には、模倣(マネ)の心理というものがあるそうです。

子どもがよく「みんな持ってる~欲しい~」と言いますね。
まさに、あれです。
(その後は、「みんなは、みんな。ウチはウチ。」というのが定番ですよね <^_^>)

人材育成コンサルタント 山田みどりさんは接客販売に関する著書のなかで
お客様の心理上気をつけなくてはいけないこととして、

(お客様には)「人が持っているから欲しい」「人が持っているから嫌だ」という場合があるので使い分けが必要        
( 日本実業出版社“ 「この人から買いたい」と思わせるプロの接客!”)

ということをおっしゃっています。

そういえば、ブティックで洋服を手にとって見ているときに
「あ、それ、私が今着ているのと同じなんですよ~」
と満面の笑顔で言われ、ひいてしまったことがあります。

「それ、エビちゃんが雑誌で着てるんですよ」
と言われ、買うのをやめた人の話も聞いたことがあります。

カリスマ人気、ブランド人気…
まさに模倣の心理の象徴ですね。

でも、そもそもファッションって模倣だと思うんですよ。

2007年現在のファッションアイテムで模倣じゃないものなんて
ありません(キッパリ)。

じゃあ、「人が持っているから嫌だ」という人はどうすればいいの?

ファッション畑でお仕事しているライターさんに聞くと、一言

「限定品とか、日本未入荷なんじゃない?」

な・る・ほ・ど!

そう思って雑誌をながめると、

マネしたいキモチとマネしたくないキモチの両方にうま~くリンクさせてるな~と
感心します。

でも、でも…

それだけが解決方法?

またライターさんに

「もっと、自分に似合うというアプローチはできないのかな?
自分はONLY ONEなわけでしょう?
自分に合うファッションならアイテムはマネでもマネにならないんじゃない?」

と聞くと

「雑誌では限界があるね。」という返答。

「記事になりにくい」とも。

む・む・む…確かに!

今シーズンはこれがINとか
みんなが憧れるような人のファッションやライフスタイルを紹介するほうが
わかりやすいし、キャッチーだわ…

おしゃれ好きなのに最近楽しくなくて…という人が増えているウラには
マネしたくない派に応える環境が整ってないことがあるのかもしれません。

ファッション難民、おしゃれ難民を救済する
解決方法、救世主が欲しいところですが、
悲しいことに、今は個人で何とかするしかない状況です。

私も、憂民の1人として、パーソナルスタイリストの活動を通して
少しずつでもこの状況を改善したいなぁと痛切に思うのです。

Rank_003_17 →応援しますよ!という方は
  人気blogランキングへ

「この人から買いたい」と思わせるプロの接客!  

|

« 幸せを呼ぶファッションって? | トップページ | プチプリ派?リュクス派? »

パーソナルスタイリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/6389632

この記事へのトラックバック一覧です: マネしたい?マネしたくない?:

« 幸せを呼ぶファッションって? | トップページ | プチプリ派?リュクス派? »