« Banner Barrett | トップページ | ショッピングセラピー »

2007年6月16日 (土)

キレイな姿勢

どんなに素敵にヘア&メイク&スタイリングが決まったとしても、
これがダメだと台無し!になってしまうことがあります。

それは…

姿勢です。

特に猫背はいけません!
外見のキレイはもちろん、カラダにもココロにも悪影響を及ぼすからです。

キレイな姿勢のためには
体幹の筋肉を鍛えることが重要です。

特に日頃運動をされていない方は、
腹筋や背筋が弱ってしまっていて、
正しい姿勢をキープするのが難しくはないですか?

意識したときだけ
何とか良い姿勢になれても、維持できなければ、
結局、大半の時間を悪い姿勢で過ごすことになってしまいますよね。

大人になってから、姿勢を正すのは、
長年のカラダのクセや、クセが原因のゆがみをとっていくことを意味するので、
そうイージーにはいかないんですよね~…。
(私も、昔やっていた新体操の反り腰のクセが抜けないばかりか、
だんだん腹筋が弱ってきて猫背になり、
仕事がら、思い荷物を持ったまま歩くことが多かったので、数年前に
ぎっくり腰になってしまったんです。
それから、クラッシックバレエを本格的に続けるようになりました。)

女性が体幹の筋肉を鍛える運動として、特におススメなのは
ピラティスです。
私はクラッシックバレエの先生に教わって始めました。
(先生がBODYメンテナスのために個人セッションを受けてらっしゃいました。)
カラダの使い方の基本がバレエと同じです。
ですから、ダンスをしている人はもちろん、
踊るのはちょっと…という人にも良いと思います。

インナーマッスル(骨に近い深部の筋肉)を鍛えていくので
マッチョ・ムキムキになりません。

最近はスポーツジムやカルチャースクールでも
クラスがあることが多いので、興味のある方はぜひTRYしてみてください。
本やDVDも各種出ていますよ。

悩みが深刻な方、クラス形式だとついていけなそう、続かなそう、という方は、
個人セッションでトレーナーにプログラムを組んでもらうといいかもしれません。

青山に世界的なバレリーナ吉田都さんがシニアアドバイザーとうスタジオがあります。

「もっと簡単な方法はないの?」という方には、
姿勢教育指導士のKenさんに教えていただいた体操をご紹介します。


猫背の中でも肩口猫背に効果があるそうです。
以下ご本人の許可を得て引用します。
この体操は前屈(両足を開いて立ち、自分の上半身の重さで上体を曲げる。10回繰り返す)とセットでやると良いようです。通販サイトにもイラスト入りで紹介されています。


いすに座って、なるべく身体をまっすぐにしてから、
両肘を肩の高さまで上げて息を吐きつつ、両肘をゆっくりと後ろへ
両方の肩胛骨を背中の真ん中で合わせるという感じで引いていきます。
引けるところまででよいです。(手は手のひらを下に軽く握る)
ここからまた、息を吐きながらゆっくりとあごを上げ
顔が天井と平行になるようにしていきます。これも顔が行くところまででよいです。
顔だけ倒して身体は後ろに倒れないようにします。
顔が行くところまで行ったら、息を吐きながらゆっくりと3つ数えて
初めの座った姿勢に戻ります。
これを1回として10回を1セット。1日3セットくらい時間のある時にやります。
毎日地道にやれば半年もあればかなり改善され、
曲がっていた部分がまっすぐになるので、その分身長が伸びます。
この身長があなたの本当の身長です。

<注意点>イスに座って目を開けてやりましょう。
両肘を必ず先に引いてやらないと首が痛くなってしまいます。
息を吐きながら、ゆっくりとやりましょう。

私の習ったカイロの先生はこれらの体操でのべ数十万人の人を治してきました。


いかがですか?これなら続けられそうじゃないですか?

→私もキレイな姿勢になりたい!
  と思った方は人気Blogランキングへ

|

« Banner Barrett | トップページ | ショッピングセラピー »

パーソナルスタイリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/6781173

この記事へのトラックバック一覧です: キレイな姿勢:

« Banner Barrett | トップページ | ショッピングセラピー »