« アンティーク着物 | トップページ | ハピふる! »

2007年9月23日 (日)

AOYAMA LOHAS ファッション編

「フェアトレード」をご存知ですか?

私は、10月からスタートする新しい企画のために、勉強中です。

初めてその言葉に触れたのは、
青山学院大学の反対側にある公共施設内のお店(パッチワーク)でした。
その隣のビルに大手アパレルのプレスルームがあり、
休憩をかねて、よく行っていたのです。
そこには、オーガニックコーヒーや食品の他、
手作りのストールやアクセサリーが置いてあり、
フェアトレードについての説明書きが添えてあったように記憶しています。


「フェアトレード」(公正貿易)とは…

 アジア・アフリカ・中南米などの発展途上国の生産者と
 パートナーシップを結び、労働に見合った公正な価格で取引を行うことにより、
 貧困問題や環境問題を改善しつつ、
 世界の発展を推進する経済・社会活動のこと。

フェアトレード製品には、食品、雑貨、洋服などがありますが、
つまり、それらは
作り手にも自然にもHAPPYな環境で生産されていますよ~
ということになるわけです。

プチプリ、安カワ大好きの私としては、
リーズナブルなものを見つけるとうれしい反面、
「え~、これがこんなに安いの?日本製では考えられない!
生産者は安い賃金で不当に働かされてるんじゃ…。
材料はいいかげんに作られてるんじゃ…。」
などど、思いを巡らすことも度々ありました。
(メーカーで企画の仕事をしていたことがあるので、生産背景が気にかかります)

必ずしも、安い=搾取、いいかげん
ではないと思いますが、
企業努力の成果ではなく、生産者の血と涙の結果だったとしたら、
その安い(不当に)製品を手にしてHAPPYというわけにはいきませんよね?

これまでは、気にはなっていても深く考えていなかったので、
改めて考えさせられました。

表参道(青山から少しはずれますが…)に「People Tree」という
フェアトレード製品のセレクトショップがあります。

イギリス人のサフィア・ミニーさんが代表で、
オリジナルデザインの洋服は、
シエナ・ミラーなどのセレブも愛用しているのだそう。
今春ケイト・モスコレクションが話題を呼んだトップショップや
ファッション誌VOGUEとのコラボレーションも展開し、
従来のフェアトレードのイメージをくつがえす
モードな商品を生み出しています。

“買い物で世界を変える”

買い物が仕事(?)で
ファッションでHAPPYに!を推進するスタイリストとしては
まさに大賛同!のコンセプトです♪♪

Rank_003 →フェアトレードには私も賛同!
  という方はぜひ人気blogランキングへ

|

« アンティーク着物 | トップページ | ハピふる! »

青山周辺情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/8065731

この記事へのトラックバック一覧です: AOYAMA LOHAS ファッション編:

« アンティーク着物 | トップページ | ハピふる! »