« あきらめ力 | トップページ | 清く、正しく、美しく »

2008年5月21日 (水)

最高の人生の見つけ方

話題の映画を観てきました。

原題は“棺おけリスト”。
死ぬ前にしておきたいことを意味しています。

アメリカ人らしいユーモアとハッピーな気風にあふれた
ポジティブかつ暖かい作品でした。

私は、このブログで何度も「幸せはまず、自分を見つめることから」
ということを書いてきましたが、
何かきっかけがないと
なかなかその気になれず、何となく伸ばし伸ばしにしてしまう
という種類のことだということも十分承知しています。
難しく考えると
本当に重たくなってしまいますよね。

それでも、やはり…。

きっかけの1つとして、ぜひおすすめしたい映画です。

主役2人の男性が余命半年という設定。

半年は短いには違いないけれど、
何もできないほど短くはない…。

自分だったら
何をしておきたいだろう?

映画を観終わって魂を射抜かれたような
ショックを感じました。

私、最近自分が死ぬことをすっかり忘れてたな~と。
ずいぶんだらだらと心と時間を使ってしまっていると。


お金が貯まったら、
仕事が落ち着いたら
○○ができるようになったら…etc

分別くさい顔をして、
先延ばしにしていることだらけです。

自分がいまひとつ生き生きできない理由が
わかった気がしました。

楽しいこと、やりたいことを迎えるための手段が
いつのまにか、目的みたいになっていて、
肝心の望んでいるはずのことが
遠くに追いやられてしまっていました。

映画を観終わって、
もうそろそろ
先延ばしにしてきたことを始めてみようと決意しました。

一見他愛ない、いつでもできるようでなかなかできないこと…
そういうことからなら、
始められそうです。

ネタバレですが、
映画の中では、スカイダイビングや、入れ墨をする
なんていう自分目線の“冒険”が出てきます。

私なら、
例えば、まだ自分にはふさわしくないからと
敬遠していたブランドの服を着て、
憧れていた場所に訪れる
というような“冒険”を
リストにあげてみたいと思います。

そのとき、自分がどんなふうに感じるのか
世界がどんなふうに見えるのか、
なんだか考えただけで元気が湧いてきます。

大げさですが、
今を生きるって
こういうことなのかもしれないなと
思いました。
人生の目標や使命といった
大きなテーマを追求する
みたいなことだけではないんだな~と。


そして、映画は、ただやりたいことをやれてハッピー
というのではなく、
先送りして頑張った日々、その日々に磨き、築いてきた自分があればこそ、
喜びは深く大きく感謝に満ちたものになる
そんなことを教えてくれている気がしました。

人生は何を手に入れたかということではなく、
どんなふうに生きたかということが大切

それが、私が映画から受け取ったメッセージです。

人生は冒険の連続☆

そんなふうに日常を楽しめたら、
最高ではないですか?

Ranking →よろしければポチッと一押し☆
  人気blogランキングにご協力を♪

|

« あきらめ力 | トップページ | 清く、正しく、美しく »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/21079411

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の人生の見つけ方:

« あきらめ力 | トップページ | 清く、正しく、美しく »