« ビルケンシュトック | トップページ | 2008年浴衣 »

2008年7月13日 (日)

料理上手への憧れ

コウケンテツのふたりでパスタ  コウケンテツのごまやねん―最強のごまおかず70

仕事場で週一回(「ハピふる!」の料理コーナー月曜御担当です)
お見かけする料理研究家コウ・ケンテツ先生の最新本です。

インテリアスタイリストで主婦の友人が大ファンなので、
色々と彼女にレクチャーされているうちに、
だんだんとリスペクトの念を深めるようになっていきました
(ファンの方、無知ですみません)
他の曜日の御担当の先生は、みなさんお店のシェフなので、
制服(?)がおありなのですが、料理研究家のコウ先生だけは私服ー
しかも同じ衣装(私服だから)を何度か着るあたりが(失礼)、
逆にものに執着しないお人柄を感じさせ、
カッコいいな~と思います。

スタイリストとしては、
腕がムズムズしてしまうところですが(笑)
(スタッフさんに聞いたところによると、お気に入りの定番ブランドがおありだとか。
あと、私が見るところ、「ハピふる!」では、黒ベースで襟付きのデザインが多いので、
こだわるところには、こだわってらっしゃるんでしょうね)



私は正直料理の腕には全く自信がありません(汗)
もともと、親譲りの胃下垂で、
すぐお腹一杯になり、
おいしいからって調子に乗って食べ過ぎるとお腹をこわすトラウマがあるので、
“おいしいものをたくさん食べてHAPPY"
という概念がないせいか、
最近になって、素材には気を遣うようになったものの、
食に対して関心薄めに育ってしまったようです(言い訳)

私を洗脳(?)した友人に言わせると、
一流の先生方の仕事を毎日のようにまじかに見られるのに、
「何てもったいない!」

友人たちの中でも、
胃腸が丈夫=健康で食いしん坊な人は、お料理上手揃い☆
そして、人を楽しませることが大好きでもてなし上手☆☆
お料理上手は、朗らかで生きるセンスの良い方が多いです。

コウ先生の最初に出された本
51wygmqbdbl_sl500_aa240__2 

この、タイトル
素晴らしい!
そして、まぶしい☆☆☆

これには、
自分の仕事に対する愛や自信や誇りが
感じられ、めっちゃかっこいいです。


私も、

人が幸せになるには、
自分に似合う服を着ればいいと
私は思う。

そう言いきれる自分でありたいものです。

コウケンテツの野菜でごはん―僕のおいしい、とっておき。 (主婦の友生活シリーズ) ←先生の今までの本の中では一番のお気に入り♪
忙しいときには“一皿で栄養を取りたい”ですよね?
私は、仕事が立て込んでくると、ワンパターンの中華やカレー・シチュー・雑炊・鍋・そして関西人なので、お好み焼きというようなメニューに陥ってました(反省)
この本の「一皿完結メニュー」はそんな私やあなたの救世主☆

Ranking →よろしければポチッと一押し☆
  人気blogランキングにご協力を♪

|

« ビルケンシュトック | トップページ | 2008年浴衣 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/22266099

この記事へのトラックバック一覧です: 料理上手への憧れ:

« ビルケンシュトック | トップページ | 2008年浴衣 »