« 注目ダンスムービー | トップページ | コスプレ♪ »

2008年11月12日 (水)

“てつや”ショック

筑紫哲也さんが亡くなられました。

特に個人的におつきあいがあったわけではありませんが、
News23で1年間、草野満代さんのスタイリングをさせていただいた関係で、
スタッフとして、ご挨拶や短い言葉を交わさせていただいたことがあります。

局のメイク室で、
他のアナウンサーさんの衣装と色あわせをするために待機していると、
(ニュースの内容に応じて衣装が変わることがあるのです)
筑紫さんはたいていリラックスしたお姿(トレーナーとか)で入ってこられて、
ジャーナリストという肩書きからくる“きな臭さ”みたいなものも、
威圧感も全くなく、おだやかで、
大学の人気ゼミの教授ーといった印象でした。

さすが、長年マスコミで活躍する方は、
お年を召されても、人から愛される存在感・魅力をお持ちなのだなぁと
感心しておりました。

追悼番組での病みやつれされつつも、
冗談を言って笑っておられるご様子が、
かつてお見かけした姿とオーバーラップして、
胸が痛みました。

ご冥福をお祈りいたします。



それから…

小室哲哉さんが逮捕されました。

数ヶ月前、番組のゲストにKEIKOさんが出演されるときに、
一緒にいらしたのです。

プロデューサーとはいえ、大物なのに、
自分が映らない現場にも足を運ぶんだな~
と他のスタッフと何となく緊張しつつ見ていると、
率先して冗談に乗ったり、カメラさんが使う少々汚れた木箱に腰掛けたりして、
意外に気さくな雰囲気。

今思えば、あのとき既にお金のことで大変なことになっていたなんて。

かなりショックでした。


曲がりなりにも、同じ仕事の現場で
時間と空間を共有した方の
思いがけないニュースが飛び込んできて、
驚くと同時に
社会的に影響力の強い有名人と
微妙なスタンスで関る自分の仕事場の特殊さについて、
思いを巡らせました。

エンターテイメントの現場には
様々な背景や価値観を持つ人がたくさん関っています。
それも往々にして個性派揃い…。
だからこそ、みんなを引っ張り、ひときわ輝く、、
メインになる人のズバ抜けたタレント性、カリスマ性が重要になるのだと思います。
常識的な人間では務まらないー
でも、逸脱しすぎると本人にかかる負担が大きくなるー
その結果、日常生活に破綻をきたしたり、健康に影響が出たり…

多くの人の心を動かす才能を持つということは、素晴らしいけれど、
本当に大変なことなのだと思います。

その役割を担う人の個性をより輝かせ、身近なスタッフとして関る
スタイリストの仕事は
単に衣装を集めるだけでは成り立ちません。
この仕事の難しさも醍醐味もそこにあるのだと
これまでの出会いを通じて思いを深めています。

Ranking →よろしければポチッと一押し☆
  人気blogランキングにご協力を♪

|

« 注目ダンスムービー | トップページ | コスプレ♪ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/25272747

この記事へのトラックバック一覧です: “てつや”ショック:

« 注目ダンスムービー | トップページ | コスプレ♪ »