« おしゃれねこ | トップページ | NOをYESに変える »

2010年3月17日 (水)

ピアソラのメッセージ

雨音を聞いているうちに、
ピアソラの「リベルタンゴ」が浮かんできました。

奇抜な音楽をやったからといって現代的であるとは言えない。
だが現代音楽や、新しいポピュラー音楽を作曲している者の中には
そういう勘違いをした例がたくさんある。
彼らはとにかく奇抜なことをやることが現代的だと思ってるんだ。

人生において失敗する人に共通することは、
そうやって違うものに“なろう”とする人たちだと思う。
人はそれぞれが違いを持って生まれてくる。
既に違っているのに、
違うものに“なろう”とする必要はないんだ
                           
アストル・ピアソラ
                        (作曲家・バンドネオン奏者)

日本には、「かぶく」という表現があります。
歌舞伎のもとになった言葉。

戦国時代末期から江戸時代初期に末期にかけて、
非常に派手な身なりで、
常識を逸脱した行動に走る「かぶきもの」が多く現れ、
世間の注目を集めたとされています。

日本のストリートファッションの源流ですね。

ファッションが、お上ー社会から
封じこまれたエネルギーの発露になる、
日本には、そんな歴史があります。

だから、奇抜なことが、意味のないことだとは
私は思いません。

でも、もしそれが、
自分と違うものに“なろう”として、
奇をてらうという発想であれば、
やはりとても悲しいことだと思うのです。

Ranking →よろしければポチッと一押し☆
  人気blogランキングにご協力を♪

|

« おしゃれねこ | トップページ | NOをYESに変える »

パーソナルスタイリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395040/33791896

この記事へのトラックバック一覧です: ピアソラのメッセージ:

« おしゃれねこ | トップページ | NOをYESに変える »